精神科に通っている人に適応される

>

どんな病気の人が対象なのか

認知症なども大丈夫

うつ病や総合失調症などの他に、認知症も精神的な病気だと判断されます。
ですから、自立支援制度が適応されます。
認知症は治療が早いと、症状の進行をかなり遅らせることができます。
親が認知症になったと思ったら、すぐ精神科に連れていきましょう。
また拒食症など、摂食障害になった場合も自立支援制度を使えるので申請してください。

しかしどの病気の場合も、医師が長期的な治療が必要だと判断した時のみになります。
医師に、しっかりと病気の状態を見極めてもらいましょう。
そのため、正しい判断ができる医師が必要になります。
前もって、評判の良い医師を調べておくと良いでしょう。
あまり評判の良くない医師では、判断を間違える可能性があります。

依存症を改善したい

少しぐらいならアルコールを摂取しても良いですが、毎日飲みすぎていると病気を発症する原因になります。
また性格が変わるぐらいアルコールを飲むことも異常なので、改善する努力をしてください。
しかし自分の力で、アルコールを断ち切るのは難しいと言われます。
遠慮せずに、医師の力を借りてください。
過剰にアルコールを摂取してしまう人は、依存症だと判断されます。

立派な精神病なので、自立支援制度が適応されます。
同じように、薬物依存の場合も精神的な病気だと判断されます。
依存しているままだと再びアルコールや薬物を摂取し、負のサイクルに陥ります。
治療の時は、家族の助けも必要になります。
一緒に病院へ行って、理解を深めると良いですね。


この記事をシェアする